ゆのかさん家のぶろぐ

かいたひと: Yunoka

 yunoka

■カテゴリー
おうちな話
御朱印・神社
Nexus7
交通・新線


おうちを自動化したはなし(2)/Nature remo買いました。

おうちリスト

共感できない日記だーと某所で見てしまいへこみ気味の私です。
でもめげない。どう見ても普通の日記ですし…ね!!

1.遠隔操作なはなし。

Nature Remoを買いました。

たしか購入のきっかけは、この手の記事だった気がするのですがよく覚えてないので、アレです。

これは、学習リモコン+各種センサー(温度とか湿度とか)を インターネット経由で使える機械です。
IOT機器ですね。

学習リモコンは、リモコンが出している電波を記憶させて同じ電波を同じ機械にだせば同じ動作をするよね!というものです。
この製品は、エアコンに特化してあって、エアコンのOn/Off 温度設定、今ついているかどうかまでわかります。
巷の記事ですと、エアコン用みたいに書いてありますが、リモコンで動くものなら他の機械でも使えます。

remo

某電気つけっぱなし事件がありましたので、照明も設定しているのですが想定以上の便利さでした。
適当につけたり消したりするだけで防犯にもなりますし、夜起きたときにスマホって充電光とかありますから、真っ暗な状態でも見つけやすくて便利。

テレビも設定はしてみたのですが…いない時にテレビつけるのもなぁと思って使ってはいません。
家の中ならメーカーのリモコンアプリも動きますし…ね。

作成日:2017年06月22日 Permalink

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おうちを自動化したはなし(1)。

おうちリスト

1.朝の電気の自動でつける話。

目覚まし代わりに…シーリングライト(天井の照明ですね)を自動でつくタイプのものにしました。
朝指定した時間になると、少しずつ明るくなって…全力点灯する時間に電子音ととともに目覚めるという感じ。

すごく目が覚めます。すばらしい!!

もちろん私は、家出るときに電気がついてないかはもちろん確認します。
ちゃんと消えてます。

でも外泊している時の次の日の朝に、電気がつくんですよ。
当然電気つけっぱなし。

私は何かやるときに、オチを付けないといけない病にでも侵されているのでしょうか…。

対策は壁のスイッチを切ってしまえばいいのですけれど、たまに忘れてしまうので、さらに追加対策をしております…。

2.電気の自動的につくはなし。

荷物持っててしんどいなぁというとき、いろんなとき電気が自動化してくれると嬉しいですよね。

玄関とかは、センサー付きなこともありますけれど、ほしいところすべてというと…なかなか。

もんにょりしてたら、こんな発言を見かけたわけです。

で聞いてみるとこれを使っているらしいです。

他社さん製品と比較してもPanasonic製品が悪くなさそう…というわけで変えてみました。

Pros

  • 電気が自動でつく。消し忘れがない。
  • 楽しい!(重要)

Cons

  • トイレでずっと同じ格好していると時々電気が消えます。
    あれ?ってなって電気を見上げるとつきます。
  • まぁずっと同じ格好しているときに電気が消えて困るかというとそうでもない気もします。
  • 癖で、電気のスイッチを消してしまうと…自動では電気がつきません。まぁ当たり前ですね…。
    トイレの自動洗浄機能とかも忘れて毎回ボタン押してしまう私なのでそういう感じはあります…。

廊下で数分微動だにしないことはあり得ないので、廊下も変えてみようかなぁとおもっているところです。

作成日:2017年06月21日 Permalink

 このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしが引っ越した話(4)。環境面について

おうちリスト

私なぞに聞くより、もっと適任な方がいる感がしてしかたないところなのですが

聞かれたからには頑張って答えてみるよー的な文章。

1.ざっくりと検討する。

まずは、数年~十年くらいの自分がしそうな行動を検討したうえである程度のパターンを想定して、だいたいの場所を決めます。
もちろんいろんなことが想定されますし、想定外のこともあるかもしれませんが、確度が高いものは抑えておいた方がいいと思うのですよね。

引っ越し好きなひとだったらもっと短いスパンでもいいと思いますけれど、引っ越し大変ですしね…。お金もかかります。

2.自分の生活レベルと比較する。

例えば、六本木。

住めたら楽しいところなのかもしれませんけれど、私レベルじゃ生活費が高すぎて破産まっしぐらでございます。
逆にあまりにも安すぎるところは不安ですよね。治安とか。

世の中似たような集団が集まるようにできてます。生活費も同様。
毎日明治屋に買い物に行ったら破産します!
それどころか成城石井もきついです私

それに沿って自分の生活レベル+αないしは-βな感じの場所を探すとよいかと思います。
+αはステップアップ思考が強い場合。-βは節約志向が強い場合でしょうか。

周辺家賃だいたいわかりますよね?
そこからあわせればいいのかなって思ってます。

3.自分の生活とマッチさせる。

ここまでくれば趣味問題。
自分の生活パターンとマッチしていれば、どこでもいいのではないでしょうか。

割と空気であうあわないがあると思いますので、いいと思ったら、平日休日に散歩してみるといいと思います。

4.理系的なさむしんぐ。

そういえば私理系でした。というわけで、理系的なお話を。

地歴とボーリング調査は確かめておいた方がいいかと思います。
中高層建築では地盤におけるN値が割と重要になります。

N値50越えの地層が地面の下の何メートルくらいあるかは見ておくと建物の安全性がわかるかと思います。
地歴は古地図でも見るといいと思いますよ。
洪水地震はハザードマップを確認。

5.セキュリティーな話。

そもそも周囲のセキュリティーのほうが大事です。
すごくセキュリティー性能が高い建物でも、周りの治安がまずければ家出られないじゃないですか。という。

あとは、警備などの体制。

24時間有人管理>24時間管理(人がいるとは言っていない)>その他

でしょうか。
さらにいえばエントランスごとに立って警備してくれるといいのですが、ここまで求めるとお高い気はします。

オートロックは共連れ問題がありますが、これが起きない仕組みもできています。
押し売りもなくなって比較的ありがたいと思いますので、この辺は調べてみるといいかもとかとか。

6.駅距離

駅から近いのはもちろんいいのですけれど、駅と接続系は騒音との交換だとおもってます。

後結局スーパーとかよることを考えると、直結まではしなくてもいいのでは…という感じです。

直結に住んだことはないのでわからないのですけれど。

7.すべてがベストな土地なんてないこと。

家賃(地価)が安くて、交通に便利で、お買い物もしやすく、通勤に便利で、自然は豊かで、部屋に虫は入ってこず…などという物件はありません。

なので、どこを捨てどこを生かすか。それを優先つけるとみるかるような気はします。

作成日:2017年06月20日 Permalink

 このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしが引っ越した話。(3)

おうちリスト

前回書かなかった失敗話。

教訓:失敗は、予想しないところに住んでいる

1.今時の 集合住宅 難しい。(5/7/5調)

お風呂桶のお湯をぬいたあとに自動洗浄が動くの知らなくて頭からお湯被る羽目になったり…。

キッチンの表面の素材が固すぎて、お皿割ったり…。

2.電気代

なんでも自動化したよー!ってすれば…

うん。電気使用量跳ね上がりますよね…。

あらかじめ想定してたので、夜間電力が安くなる契約をしましたし、タイマー設定などで安い時間に充電などはするようにしました。

夜間の電気代は安い(半額くらい…)プランつかっているので、これでもひどい額にはならないのですがちょっとなーということで自動化の設定をみなおしました!
300kwh→200kwhまで減らせました!
チューニングは重要ですね!

ちなみに、

意外と300kwhオーバーの方は多かったですね…。

3.物価が高い。

近所のスーパーマーケットがとっても高い…。物価が笑えるほどに違いました。

若干補助金とかも出たりするのですけれども…、それでもお高いです。

以前の近くにあったスーパーマーケットと同じ名前だからと安心していると…不幸なことになりますね。
都内怖い…ほんとに怖い…。(地方民の発想)

しかたないので開いている週末なんかに自転車で隣の区まで行っております。ネットスーパーメインなら問題ないかもしれませんね。

足の太さに拍車がかかりますね!

4.静かすぎて怖い。

時々耳が聞こえてないんじゃないかーと思って手をぱちんと叩きたくなる程度に静かすぎるんですよね。

複数人いるならそんなことは絶対にないと思うのですが、単身だと割と焦ります。

窓開けると割とうるさいです…。

5.セキュリティーと引き換えな不便さ。

鍵忘れて家出るとお祭りになるらしいですよ…私やったことないですが…(フラグ)。
嘆いているおじさまはいらっしゃいました。しかも助けられない。

6.ごみ捨て行くときに適当な恰好ではやはりいけない…。

24時間捨てられる…と、どんな格好してもいい…はちがいますね。

冬なら何かはおればいいと思いますけれど。

作成日:2017年06月19日 Permalink

 このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしが引っ越した話。(2)

おうちリスト

前回失敗談を話すといったな。あれは嘘(ry
次くらいに書きます。

内装を決めよう。

やっぱり、こだわりたいじゃないですか。
で…いろいろかんがえたのですが……。

うん。自分でどうにかするのは…むり…かも…。

というわけで、友人に依頼することにしました。
頼るべきは本職ですね!

ゆのか「ゆのか部屋のインテリアを依頼したいです。図面はこれ」
M嬢「ちょうどいいところに来た。独立するのでサイト作成を頼む!」

(意訳)
物々交換になりました。
※ホントはちゃんとお金を払った方が良さそうなのですが、会社員の副業禁止規定的なアレソレがあったとかなかったとか。
(お互いサービス業なのでサービス交換だけれども。)

いろいろ私の趣味と勘案した結果…

せまいおうちですが、2種類のテイストにわけまることにしました。

  • 1.パブリック風な空間。
    リビングとか書斎とかそんな感じ。これがないと…在宅でお仕事とかになったらON/OFF難しそうですし…。
  • 2.プライベート空間。
    ゆのかの趣味丸出し。
    森っぽい部屋になりました。

そんなこんなで家具屋さん回り5回くらい…。
結果…プロのセンスとかセレクトってすごいなぁという…
最初私が私自身のの希望すらわからないところからよくここまで…

で、途中すごく驚いたのが…、

M嬢「形はいいんだけど…この色は困るんだけど」
メーカーさん「問い合わせてみます…」

家具って交渉次第で色とか素材とか変えられるんですね…カタログに載ってないものまで可能なんて…知らなかった。
Mの交渉力のすごさをおもい知らされました…。

作成日:2017年06月13日 Permalink

 このエントリーをはてなブックマークに追加

Homeへ  次の5件